このページの先頭です

脱毛が1回だけでは効果がない理由と効果を実感するまでの期間

214views

投稿日:

なぜ脱毛サロンの効果と期間に違いが出るのか

 

脱毛の回数や効果が出る時間に関しては、脱毛サロンで利用する施術内容によってかなり違いがあります。

  • 部分脱毛…早ければ数日から1ヵ月程度で効果が出る
  • 全身脱毛…5回から6回程度の施術が必要なので半年は必要

全身脱毛をするときに何回も施術をしなくてはならないのは、体毛の成長速度と肌のダメージを考慮しているからです。人間の体毛は、毛周期という周期によって成り立っており、施術をするときには体毛が成長期の段階に入ったときに行わなくてはいけません。これは、自己処理を行うときにも気を付けておかないと失敗のもとになってしまいます。

成長期に入った体毛に対して脱毛処理を行うと、体毛の成長周期を遅らせることができます。永久脱毛と比較するほど強い効果を発揮することはできませんが、自己処理で行うよりかは遥かに長い期間で効果を体感できるようになります。

成長速度を加味して何度も体毛の処理を実施すると、だんだん体毛が薄くなってきて、最終的には最も遅い速度まで体毛を鈍化させることができます。この状況になると、新しく体毛が生えてきても非常に薄い体毛になっていますので、自己処理でのアフターケアがとても楽になります。

脱毛サロンで用いられる三つの手段

体毛を抜くのはクリームだけ

脱毛サロンで行われる脱毛処理は、厳密に述べると体毛を抜いているわけではありません。体毛をできる限り薄くしていくことによって、綺麗な肌を実現しようと試みています。特に、脱毛サロンでは肌の状態や効果を最優先して、施術を行うときに主に下記の方法を利用します。

  • 光脱毛
  • 光高周波
  • 脱毛クリーム

これらの中で、はっきりと脱毛をしていると言えるのは脱毛クリームを利用した方法だけです。脱毛クリームを利用する際には、粘性の高いクリームを使って体毛に接着させて、それを勢いよく抜いていくという作業をすることが一般的です。この場合、光を利用した施術と比較すると1回だけの施術で終わらせることができます。

ただ、確かにこの方法だと文字通り体毛を綺麗に脱毛することは可能なのですが、再生してくる体毛が元の体毛の状態とほとんど同じになってしまうというデメリットもあります。そのため、脱毛処理を行ったとしても、すぐにそれまでと同じような濃い体毛が生えてきます。

こうしたデメリットを無くすことが可能なのが、光脱毛や光高周波を利用した施術です。1回だけの施術ではありませんし期間もかかりますが、最も綺麗に処理できる手段なので人気が高いです。

光の力で体毛を焼却する

脱毛クリームが文字通り体毛を抜く手段なのに対して、光脱毛は光の力を利用して体毛を焼却していきます。光脱毛では、体毛などの黒い色にしか反応しない特別な光のエネルギーを利用することによって、綺麗な脱毛処理を実施します。

光には、波長の中に大きな熱を有しているものが存在し、これをエネルギーに変えることによって、文字通り体毛を焼却できます。脱毛サロンの光を利用した脱毛処理には、次のようなメリットがあります。

  • 体毛以外に影響がない
  • 体毛が薄くなる
  • 美容に良い

黒い物体にしか反応しない性質上、体毛以外に照射しても肌に対して悪影響を及ぼすことがありません。また、体毛を抜くわけではないので毛穴を広げる効果がなく、綺麗な状態で体毛を処理できるメリットもあります。肌を傷つけずに処理が可能であるため、これはそのまま美容にも繋がります。

本来、何度も施術をすると肌に対して大きなダメージが残ってしまうのですが、光脱毛の場合は逆でゆっくりと回数を重ねることで、肌に対して直接的なダメージが残らない綺麗な肌を作ることができます。

光脱毛での失敗で考えなくてはならないのは、同じ黒い物体に対するホクロやシミと言った対象に照射したときの火傷のみです。その対策をきちんとしてくれる脱毛サロンでは、回数と期間が必要になっても綺麗な肌にしてくれるメリットがあります。